ドラマ・映画

ドラマ・映画

最高の教師 1話ごとの感想・考察 第1~4話 教師を突き落としたのはいったい誰?

今、一番エキサイティングなドラマは? と聞かれたら「最高の教師」と答える人が多いと話題のドラマ。2019年に日本テレヒの日曜ドラマで放送され話題となった「3年A組-今から皆さんは、人質です-」を思い起こさせるようなドラマ。こんな教師がいてくれたら、子どもも保護者も心強いはず。
ドラマ・映画

3年A組第2話考察 謎に満ちている。そこにあるのは正義?教え?

今までの学園モノとはずいぶん違うストーリーと構成になっているドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」。一人のクラスメイトが自殺したことについて、教師が生徒全員に次々と課題を出し、その真相をひとつひとつ暴いていくという構成になっているよう。その関わり方は衝撃的でありスリリング。ドラマを考察する。
ドラマ・映画

3年A組第1話考察 かつて放送されたドラマを思い起こさせる「太陽を盗んだ男」「人間・失格」などなど

菅田将暉演じる教師、柊 一颯(ひいらぎいぶき)。3年A組の美術の教師がいじめに真っ向から立ち向かう。汗と涙と友情が光り輝く青春学園ドラマの熱血先生とはちと違う。このドラマが訴えるものは何なのか?
ドラマ・映画

「らんまん」感想・考察 週タイトルの花言葉に込められたストーリー気になるところ

「らんまん」のサブタイトルにもなっている花。それぞれに名前と花言葉があります。それらの花言葉とストーリーをひもといてみたく考察をまじえながらの考察です。気になるところもお伝えします。
ドラマ・映画

「らんまん」第10週感想・考察 待ちくたびた寿恵子さんは、待たないことに決めました。が

印刷所でも持ち前の明るさと一生懸命さで職人たちの心を自分の方に引き寄せていく万太郎。絵師の岩下も少しずつ心を開き教えてあげようという気持ちになっていく。寿恵子さんの気持ちの揺れ動きも伝わる第10週。
ドラマ・映画

「らんまん」第9週感想・考察 万太郎の恋、峰屋の今後、タキさんの具合、気になること満載

万太郎の寿恵子さんへの恋は一目惚れから本物の恋に発展。峰屋では、タキが倒れるという事態が。植物学の雑誌づくりが着々と進むような予感ひしひし。最先端で寿恵子を迎えに行くとまつに宣言した万太郎。ついに印刷所の門をたたきます。
ドラマ・映画

「らんまん」第8週感想・考察 ちらほら出てくる鹿鳴館。寿恵子さんがどう関わっていくのか?

鹿鳴館が寿恵子の関わりは? 実業家の高藤は寿恵子に一目惚れ? 万太郎たちは植物学の雑誌を発行できるのか? 田邊教授と万太郎の美意識の違いに折り合いはあるのか? 気になること満載の第8週。竹雄と綾の縁は?
ドラマ・映画

「らんまん」第7週感想・考察 見たことのない世界へ飛び立ちそう、どんな世界が待ち受けている?

東大の植物学研究所への出入りを田邊教授(要潤)の計らいで、許された万太郎(神木隆之介)。開館予定の鹿鳴館への出入り話に「まだ見ぬ世界を見たい」という思いが高まる寿恵子。ふたりが目指すその世界とは?
ドラマ・映画

「らんまん」第6週感想・考察 大学近くの下宿先も決まり寿恵子とも再会できて前途洋々?

ついに東京!住居を探し始める万太郎と竹雄。生命と同じくらい大切な植物標本が入ったトランクが盗まれたりのアクシデントの末、下宿が見つかる。初めての上京時に一目ぼれした西村寿恵子(浜辺美波)とも再会できて万々歳の万太郎。
ドラマ・映画

重松清ドラマ「きよしこ」千原せいじの演技力が光っていた 優しさにじみ出る演技に感動

重松清原作「きよしこ」のドラマについて紹介。どんぐりのおっちゃんを演じた千原せいじさんの優しさ光る演技をもう一度見たいと思う人は多いかも。千原せいじさんの演技を多くの人に見てほしいという思いも込めてのドラマ紹介。
スポンサーリンク