スポンサーリンク
TVドラマ

イチケイのカラス、続編見たい。竹野内豊さんの魅力は、あの語りと発音。古畑任三郎は竹野内豊さんが演じてほしい

イチケイのカラスが終わってしまいましたが、気になるのはその続編。入間みちお(竹野内豊)は、新天地でどんな活躍をするのでしょうか? 気になるのは、坂間千鶴(黒木華)との関わり。遠距離恋愛がスタートする? しない? 千鶴の妹も応援しているこの二人のおつきあい、どうなるのか。このドラマを見て、古畑任三郎を演じるなら、竹野内豊さん! 
未分類

生きるのがしんどい、つらい、めんどくさい、と感じたときに聞いてほしい歌3曲 時代、生きてりゃいいさ、野に咲く花のように

一生懸命生きていても、思い通りにならないことも多い人生。どんなときも、どんなことにも楽しみを見つけて生きていけるにこしたことはないけれど、人間そんなに強いときばかりではありません。へこたれることだってある、めんどうになることだってある。すべて投げ出したくなることもある。そんなときに聞いてほしい歌を3曲ご紹介します。
TVドラマ

リコカツからのモトサヤ? 最終話に期待高まる

6月18(金)、いよいよリコカツ最終話。ずっとずっと、恋をしていた、この二人の結末は、いったいどうなるのか? 咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の両親は元のサヤにおさまりつつある中、このふたりの行く末がきになるところ。最終話に期待高まる中、果たしてその期待は裏切られずに終わるのか? 予告では、再度つきあい始める感じですが、いったいどんなおつきあいに?
未分類

派遣現場でパワハラにあいました。あなたならどうする~ 浮かんできたのはいしだあゆみさんの歌

派遣先の名ばかりのリーダーからオバサンということだけで、パワハラを受けることになってしまう。そんなことがあっていいの? そのリーダーと名乗る男は、オバサンが嫌いで苦手だとのこと。あからさまにその感情もろ出しされて、不愉快な思いをしてまで我慢することあるのでしょうか? 派遣先でパワハラにあう。さてどうする? いくつかの方法を試そうとするオバサンの記事。
TVドラマ

寺内貫太郎一家、小道具から思い出すドラマ。樹木希林さんの手袋 食卓でもジュリーと呼びかけるときも

ドラマで使われていた小道具から、思い出すドラマのストーリーや役者。5本指の指先が出た手袋、若かりし頃見ていたときには「いったいあれは何?」と思っていたのが、きんばあちゃんと近い年齢になり、あの手袋が愛用品に。ドラマに思いをはせるとともに、年齢をとるということはこういうことなのか、と気づくことに。年齢重ねた今、もう一度見たいドラマ「寺内貫太郎一家」。
大阪名物

大阪名物、豚まんといえば551の蓬莱の豚まん。あるとき~、無いとき~のCMでもおなじみ

大阪名物、豚まんの紹介です。豚肉と玉ねぎのバランスが絶妙の中身とそれを包む皮のおいしさは、一度食べたらヤミツキになること間違いなし。醤油でもソースでもからし醤油でも、お好みに合わせて食べ方自由自在。ビールにもワインとも相性抜群。大人から子どもまで楽しめます。冷凍保存もできるので、多めに買っておくといいかも。食べたいときに豚まんが食べられる幸せ、感じてみて。
TVドラマ

リコカツ、離婚に向けての活動とは裏腹に、恋心が揺れ動いている、見ていてハラドキッ

結婚したその日から、離婚を決意。離婚活動を開始した咲と紘一のドラマ。絶対離婚するって決めたはずが、もしかしたら愛しているのかも? そんな揺れ動く感情を、北川景子と永山瑛太さんがドラマチックに演じています。家族全員、離婚に向かってまっしぐら。皆がみな離婚!? こんな離婚パレードある?!  あり得るドラマに仕上がっているのは役者陣の演技力と脚本のなせる技? 
本紹介

自分を見つめるってどういうこと? 小説2冊から学べるかも 著者はアガサ・クリスティーと宮本輝

年齢を重ねていくとだんだん、自分を顧みず、人のせいにしたり、他人の悪いところばかり目についてしまいかも、と感じることはありませんか? いったい自分はどうなんだ? 自分は完璧なの? 決してそうじゃない、ハズ・・・そんなことを感じたときに、自分を見つめる必要があるのかな。そんなときの参考になるかもしれない2冊、「春にして君を離れ」と「錦繍」をご紹介します。
未分類

チャオの自己紹介

ブロガーチャオです。60代のアラカンおばさん。数々の転職、どっぷり専業主婦を経て今なお夢見ていることは? 人生いろいろあるけれど、大好きなことがあればなんとか生きていけそうな気がしています。テレビドラマ、昭和の歌、そしておいしいもん。チャオの記事を読んで、ちょっと面白い、ちょっと元気が出るかも、そんなふうに思ってもらえたら幸せです。
本紹介

向田邦子作品を初めて読むならコレ  向田邦子エッセイベスト3

昭和、平成、令和へと時代はうつれども、いまだ変わらぬ向田邦子さんの人気。エッセイ、小説、脚本ともに今も読みつがれています。そんな向田邦子さんの作品の中でのベストエッセイをご紹介します。まだ一度も向田邦子作品を読まれていない方におすすめのエッセイです。どの作品からでもいい、向田邦子作品を読んでみてほしい、という願いを込めて書きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました