ドラマ・映画

ドラマ・映画 ドラマ・映画
ドラマ・映画

水虫かわゆ子が歌う水虫ララバイ。歌うは和田アキ子さんドラマ「男と女のあいだには」

水虫ララバイで歌手デビューを夢見る水虫かわゆ子。演じるのは和田アキ子。五木寛之原作のドラマ化。放送当時悠木千帆だった樹木希林さんが作詞する姿は、シリアスでこっけい。生みの苦しみを見事に笑いに変えて。
ドラマ・映画

義母と娘のブルースファイナル キャスト紹介含む感想 終わっても続きが気になる。あゝ続きはないのか

2024年1月2日に放送された『義母と娘のブルース』ファイナル。回想シーンが実に効果的に散りばめられていてアイノカタチを見ることが出来た気が。『ぎぼむす』ファンのチャオがファイナルを見た感想を綴ります。
ドラマ・映画

山ピーこと山下智久出演の正直不動産スペシャル 1月3(水)9時放送が9時40分スタートに変更!

あの正直不動産が2024年1月3日スペシャルドラマになってまた登場。嘘がつけなくなった敏腕不動産営業マン・永瀬財地(山下智久)。彼が本音を話す前にたなびく風。このスペシャルドラマでどれだけの風が吹くのか。
ドラマ・映画

『義母と娘のブルース』ファイナル 2024年1月2日放送 完結! 感動のクライマックス? 

2018年7月10日~9月18日まで放送された『義母と娘のブルース』。 『ぎぼむす』と親しまれてきたドラマがついに完結。たくさんの奇跡と大きな愛に包まれたこのドラマ。2024年の幕開けはアイノカタチを感じてスタートしませんか?
ドラマ・映画

義母と娘のブルース ファイナルを見る前にもう一度 第2話考察あり

義母と娘のブルース。ギボムスと呼ばれ親しまれた感動のドラマがついに2024年1月2日二ファイナルを迎えます。もう一度最初から見てみませんか? 第2話の考察ありです。
ドラマ・映画

義母と娘のブルース ファイナルを見る前にもう一度 第1話考察あり

義母と娘のブルース。ギボムスと呼ばれ親しまれた感動ドラマがついにファイナルを迎えます。もう一度、最初から見てファイナルにを見たいと思いませんか? ストーリーをふりかえります。
おすすめ&レビュー

昭和のドラマが見たい人におすすめのサブスク4選

昔夢中になったドラマ、さり気なく見ていたドラマ、昭和のドラマ、平成初期のドラマ、もう一度見たいと思ったときに役立つサブスク4選の紹介。予算に合わせて、見たいドラマを見る参考にしてみてください。
ドラマ・映画

芦田伸介・新珠三千代の演技を再度見たい 「氷点」昭和41(1966)年放送 許すとはどういうことか

芦田伸介・新珠三千代出演ドラマ「氷点」について紹介 あの芦田伸介という俳優の演技がもう一度見たいと思うことはありませんか? 燃えたぎる嫉妬と人を許すということはどういうことか、が静かな演技で表現されています。
ドラマ・映画

最高の教師1話ごとの感想 7、8、9話と予想外の展開のまま最終話へ。犯人はわかったけれど。

最高の教師。一話ごとの感想を7話から一気に最終話まで。鵜久森さんの死の真相から、感じたさまざまなこと。卒業式に担任を突き落としたのは? そういうことだったのか。二度とあってはならない悲しいできことから希望は?
ドラマ・映画

最高の教師 1話ごとの感想・考察 第5・6話ともラストが衝撃。鵜久森さんも第2周目の人生、未来が!

事態は急変。思わぬ展開に。ドラマ中盤でここまでのどんでん返しについていけない焦りを覚えるほど。ドラマの展開に、思考がついていけない、今までになかったようなドラマ展開。第7話から全く新しいドラマが始まる?
スポンサーリンク