リコカツからのモトサヤ? 最終話に期待高まる

今夜、6月18(金)は、いよいよリコカツ最終話です。

ずっと、ずっと、恋をしていた~で始まる主題歌、米津玄師Pale Blueの歌詞の通り、
二人の恋心は高まる一方、なのにすれ違い。
もどかしさはピークに達したところで、先週はドラマ終了。

そして、いよいよ最終話。
ドラマ出演の水口家、緒原家の夫婦が、どんどん元のサヤにおさまっていく中、
この二人はいったいどうなるの?

熟年夫婦が実は互いを愛し(?)、認め合い、理解しようとしていたことがわかり、
なんだかホッとしたような、そんなもんかいと気が抜けたような気持ちになりましたが、
ドラマの夫婦がハッピーエンドに近づいているのを見るのは悪い気がしないものでした。

ともにお互いを見惚れ、看取れるご夫婦であってください、と思いました。
で、気になるのが、咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)のお二人。

予告では、また再度おつきあいすることになっているようですが(笑)
ちょっと笑えてくるほどの展開に期待は高まっております。

最終話はむずかしい。期待が高まれば高まるほど裏切られる確率大。
ドラマの脚本家は、ほんとうに大変な仕事だな、と思うのは最終話を見たとき。

正直、満足できる最終話のドラマって、少ないから~。

今夜の最終話が、楽しみです。もうあと少しでドラマが始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました