西城秀樹さん寺内貫太郎一家での喧嘩シーンが懐かしい。あの熱演をもう一度!

※本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

西城秀樹出演ドラマ「寺内貫太郎一家」について

西城秀樹さん、最期まで歌手としての生命を全うされました。

ヤングマン傷だらけのローラブルースカイブルー若き獅子たちなど数々の名曲が浮かびます。

彼の生涯と彼が歌う歌は、たくさんの方を元気づけ、勇気づけてくれました。

西城秀樹さんが亡くなってから、その歌唱力のすばらしさにあらためて気づき、勇気をもらい、ファンになった私です。

懸命に生きた人生、素晴らしいと思います。

西城秀樹さんが亡くなられたのは、2018年の5月でした。

西城秀樹さんのお誕生日の4月13日はもちろん、それ以外の日も毎日のようにSNSで彼を慕い愛し続ける人々のメッセージが。

そんな西城秀樹さんのご冥福をお祈りするとともに、熱演されていたドラマについて。

もう一度見たいのは「寺内貫太郎一家」です。

出典:TBSドラマ「寺内貫太郎一家」より

骨折をしてまで挑んだ喧嘩シーンは、今も鮮烈に残って

思い出すのは、あのドラマでの喧嘩シーンです。

小林亜星さんと事あるごとにぶつかり言い合いに。そしてやがて、殴り合いの大喧嘩に。

昔はよくあった家族でのいざこざシーンです。

ちゃぶ台が吹っ飛び、ふすまがやぶけ、からだごとふっ飛んでしまう。

あのすさまじい喧嘩シーンです。

出典:TBSドラマ「寺内貫太郎一家」より

小林亜星さんとのぶつかり合いは、それはダイナミックなものでした。

あぁ、また始まっちゃう! と思いつつ、どこか期待してしまうあの喧嘩タイム。

体当たりでぶつかるというのは、ああいうことをいうのでしょう。

ほんとに、一生懸命やっておられました。

ついには骨折までしてしまい、それでもまだ体当たり。

役に徹していたのだと、思います。

父とのぶつかり合いもばあちゃんとの関わりにも愛があふれてた

樹木希林さん演じるばあちゃんとの関わりも微笑ましかったなぁ。

「ばあちゃん、汚いよ!」と叫ぶかすれ声は印象的。

ばあちゃんとじゃれあったり微笑ましいシーンも茶目っ気たっぷりでした。

寺内貫太郎一家は、向田邦子脚本の大人気のドラマでした。

体当たりのケンカあり、屋根の上での歌タイムあり、梶芽衣子さん扮する長女の恋あり、

樹木希林さんの沢田研二さんのポスターに向かっての「ジュリー!」という憧れの呼びかけあり。

それはそれは、バラエティーに富んだドラマでした。

寺内貫太郎一家というドラマの中には、長男として、ばあちゃんと関り、親父と体当たりの喧嘩をし、美代ちゃん(浅田美代子)と歌う若かりし日の元気いっぱいの秀樹さんがいます。

若さがまぶしく、何事にも一生懸命なのが伝わってきます。

はちきれんばかりのエネルギーにあふれた秀樹さんがそこにいます。

小林亜星さんをはじめとして、樹木希林さんや浅田美代子さん、加藤治子さん、出演者から愛されてる秀樹さんがいます。

カレーのCМでの元気いっぱいの秀樹さんも、印象的でした。

どんな仕事にも一生懸命だったことは、いろいろな方のインタビューからも伝わってきます。

亡くなられた今も、西城秀樹さんを慕う人はたくさんいます。

私もそのひとりです。

西城秀樹さん出演の寺内貫太郎一家はTSUTAYA DISCASで30日間無料視聴できます。

【TSUTAYA DISCAS】


created by Rinker
Tc エンタテインメント
¥3,854 (2024/05/30 02:09:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメント