義母と娘のブルース2022謹賀新年ドラマススペシャル 1月2日夜9時放送

2018年に放送された義母と娘のブルースが新春ドラマスペシャルで、2022年1月2日、夜9時に放送されます。ぎぼむすと略され、一斉を風靡したドラマです。

主題歌はMISIAのアイノカタチ。

義母と娘のブルースにハマっていた方はもちろん、このドラマを見ていなかった方にもおすすめしたい新春ドラマスペシャル。その昔、新春ドラマという枠で、向田邦子新春ドラマというのがありとても楽しみにしていた世代の方にもおすすめのドラマです。

義母と娘のブルースはどんなドラマ?

義母と娘のブルースは、桜沢鈴さんが描いた漫画が原作です。母を亡くし父と二人で暮らしていた娘とある女性の物語です。4コマ漫画がこんな愛がいっぱいのドラマになりました。

主演は綾瀬はるか竹野内豊佐藤健上白石萌歌井之脇海。子役の横溝菜帆の演技からも目が話せません。

2018年からの連続ドラマでは、綾瀬はるか扮する岩木亜希子と宮本良一役の竹野内豊の娘・宮本みゆき(子ども時代・横溝菜帆のち上白石萌歌)との10年間が描かれます。ひだまりのような優しい父良一(竹野内豊)と亜希子、みゆきの愛の物語が丁寧に描かれました。

良一はスキルス性胃癌を患い、余命宣告されている中、みゆきを育ててくれる人として亜希子に依頼する。それまで仕事一筋だった亜希子が引き受ける事になり、ドラマは始まる。

もちろんいきなりうまくいくわけないわけで、そこからドラマはスタートするのです。ここで、ドラマを大きく盛り上げるのがあの主題歌MISIAさんが歌うアイノカタチというわけです。

最後までひだまりのようなあたたかい心の持ち主だった良一は、亡くなってしまいます。それからも娘と義母の物語は続きます。そこから、存在感を表してくるのが佐藤健ふんする麦田章。思い返せば第一話からず~っと登場していたのですが、それを思い出させてくれるドラマ展開に。そんな10年間が描かれてこのドラマは終わりました。

もっと続きが見たいと思っていた頃、放送されたのが2020年1月2日。義母と娘のブルース「2020年謹賀新年スペシャル」でした。2018年から放送された連続ドラマの1年後が描かれました。

2020年謹賀新年スペシャルでは連ドラからの1年後2022年1月2日放送のドラマでは、その続きが!

2020年にも謹賀新年スペシャルということで、2018年放送された連ドラの続きが放送されました。そこでのラストあたりに登場した気になる人物。それが宮本良一そっくりの岩城良治でした。

彼はいったい誰? ナニモノ? ってところで終わったそのドラマの続きが、2022年謹賀新年スペシャルドラマで明らかになります。

夫そっくりの男・岩城良治(竹野内豊)のことで仕事と恋に揺れる亜希子を見守る娘・みゆき(上白石萌歌)の物語。そこに絶妙な存在感をもって関わっていく麦田明(佐藤健)。

それにしても、宮本良一とそっくりだった岩城良治の名前が良一と似ています。岩城良治と岩木亜希子。こちらは姓が同じで文字違い。これにはなにか意味がある? 

2022年1月2日放送のぎぼむすでも、血のつながらない母と娘が、ぶつかりあいながらも愛のカタチを模索し、つかんでいく姿が描かれるようです。

2018年からスタートしたぎぼむす。一生懸命母親になろうとした、仕事一筋に生きていたキャリアウーマンとその愛を全身で受け止めた娘の物語でもあり、麦田章(佐藤健)と父誠(宇梶剛士)との物語でもありました。


愛にカタチがあって、それは見えないけれどしっかりと感じることができる。そんなことを思わせてくれるドラマでした。毎回ごとに表現された小さな奇跡の数々。今回もそんな奇跡が感じられるのか、気になるところです。

2022年謹賀新年スペシャルの見どころは

なんといっても、気になるのは二役を演じている竹野内豊さんの存在。

宮本良一そっくりの岩城良治(竹野内豊)と宮本亜希子(綾瀬はるか)との関わりはどうなるのか? 反発し合う存在のようだけど惹かれ合うのか否か?

宮本亜希子に振られながらも、ずっと思いを寄せる麦田章と亜希子との関係は?

麦田章と父の誠(宇梶剛士)との関わりはどうなるのか?

良一の娘・宮本みゆき(上白石萌歌)と黒田大樹(井之脇海)のか変わりはどうなるのか?

いずれにしても、出演者の人間関係がとても気になるところです。

愛のカタチを感じるドラマぎぼむす。MISIAさんのアイノカタチを今ふたたび

義母と娘のブルースといいつつ麦田(佐藤健)の話でもあったのだ、とドキッとしたこと、今も覚えています。宮本良一(竹野内豊)の愛に包まれた上での、話なんですが。

小さな奇跡が散りばめられたこのドラマを大いに盛り上げてくれるのが主題歌でした。MISIAさんが歌うアイノカタチが心にしみます。愛のカタチはみえないけれど、しっかりそこに感じられる、そんなドラマ。そして歌。

私の母は、キャリアウーマンでした。
僕の妻は、キャリアウーマンでした。
そんな言葉が要所に散りばめられるドラマ。2020年の謹賀新年スペシャルドラマで、ふたたびキャリアを生かす仕事に就くというラストにもなるほど、とうなずけるものがありました。

天国からの良一の采配かしらなんてことは言いたくないんですが、実際にこういうことが起こったら、そう思いがちです。天国の良一が見守ってくれている、としか思えません。

義母と娘のブルースをもう一度最初から見たいと思ったら

私自身は、このドラマの放送が終わってからも、再度このドラマを見ました。見るたびに泣けてくるし、今まで見えなかった奇跡も見えてきてなんとも深いドラマだと感心することしきりです。

2022年謹賀新年スペシャルドラマ「義母と娘のブルース」を見て、このドラマの第一話から見てみたいと思ったら、

義母と娘のブルース Blu-ray BOX

U-NEXTで見ることもできます。31日間無料トライアル実施中です。

ドラマ観るなら<U-NEXT>

義母と娘のブルース

2020謹賀新年スペシャルは

『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル [Blu-ray]

漫画本で読んでみたいと思ったら

2022年謹賀新年スペシャルドラマの次はあるのか?

義母と娘のブルース、2022年放送のお話の続きはあるのか? ないのか? これも気になるところです。

岩城良治という人に惹かれていくようですが・・・。
愛した夫とそっくりな男の存在で揺れ動く亜希子の気持ちは、どうなるのか?

気になるドラマは、2022年1月2日夜9時から、ぜひ見てください。

コメント

  1. goch より:

    ”義母と娘のブルース” アマゾンプライムで全部見たので今回の2022年謹賀新年スペシャルも楽しみに録画しました!
    今週末にでも見ようと思いますが、ますます楽しみになってきたかも~

    遅れましたが・・・本年もどうぞよろしくお願いいたします!

    • チャオ より:

      gochさん
      コメントありがとうございます。
      謹賀新年スペシャル、続編があるかとても気になるところです。
      今年もどうぞよろしくお願いします(^^)

  2. クニ より:

    昔のドラマの方は観ておらず、年末の再放送を用事しながらチラチラと観てました。
    そして、この謹賀新年スペシャルはじっくりと観ましたよ。
    面白くてMISIAの曲にもグッときました。
    優しい竹野内豊も、ちょっとワルい竹野内豊も良いですね。(´艸`*)
    佐藤健も今までにないキャラで面白かったです。
    また、新しい「ぎぼむす」のドラマ観たいですね。

    • チャオ より:

      ちょいワル竹野内豊さんもステキでした。
      あの声と発音に優しさにじみ出ていて、すてき。
      佐藤健さんの作った、どこを切っても亜希子パン。
      思い出しただけで笑えてきます。
      新しい「ぎぼむす」私も見たいです!
      今年もよろしくお願いします(^^)

タイトルとURLをコピーしました