ドラマの感想

スポンサーリンク
エンタメ

正直不動産 第6話 スパイは誰? 第7話 過去のすべてが明るみに?

正直に磨きがかかり、嘘がつけないセールスマンになってしまった主人公・永瀬を演じる山Pこと山下智久。不動産営業の真実も見え隠れしながら人情物語にほろりとさせられる。第7話で永瀬の今までの不動産業でやってきたことが明らかに。そうか、そうだったのかというエピソードも。永瀬に寄り添う新人の月下(福原遥)の優しさもいい感じ。
エンタメ

未来への10カウント第2話感想 それぞれがかかえる事情、人生いろいろありゃぁな

登場人物それぞれに事情があることが、伝わる第2話。桐沢省吾だけじゃない、みんないろいろあるんだ、ということが描かれました。登場人物のそれぞれの人生に桐沢省吾(木村拓哉)がどう関わっていくのか? 人生に絶望している彼に希望の光は灯るのか? 明るくイキイキ生きている折原葵にもつらくて苦しい過去があった。みんなそれぞれの事情を抱えて生きているのですね。
エンタメ

未来への10カウント第1話感想 人生に疲れた男、木村拓哉カッコイイ。変わらぬキムタクスタイルに安心感

未来への10カウントというタイトルから、希望に満ちたものであろうことは想像できそう。生きる希望を失い、不幸のどん底に落ちている男を演じるのはキムタクこと木村拓哉。ボクシング部で栄冠に輝いた過去を持つ彼が、ボクシング部のコーチへの道にいざなわれていく様が描かれる第一話。希望への道につながるのか? 教師同士の関わり、生徒との関わりの中で彼は何を感じるのでしょう。
エンタメ

ミステリと言う勿れ 毎回泣ける、共感する、胸が痛熱くなる

田村由美さん原作のマンガ本「ミステリと言う勿れ」。菅田将暉さんが主人公を演じています。「僕は常々思ってるんですけど・・・」と、とうとうと語る彼の言葉は、様々な問題を抱えながらも懸命に生きている人々の胸に届くはず。このドラマが現代に生きる人々に、共感と生きる勇気を与えるものになることをひしひしと感じています。
エンタメ

真犯人フラグ最終話考察 犯人は誰? 真相は?

長かったこのドラマ、真相編がいよいよ完結。真犯人はいったい誰なのか? 事の真相はいかに? 絡み合っている事件の謎が見事に解明される最終話。妻の真帆が生きていたら、どこで何をしていたのか? 妻の真帆が感じていたこと、考えていたことは何なのか。凌介を慕っていた二宮瑞穂の真意はいったい何だったのか? 果たしてこの家族の今後はどうなるのか。
エンタメ

うきわー友達以上不倫未満ー友達以上より恋人以上じゃない?

浮気された妻と、浮気された夫の物語。不倫まで壁一枚のへだたりが、なんとももどかしく切ない。お隣さんどうしの不倫され傷ついた男女が、惹かれ合うという切ない大人のラブストーリー。森山直太朗さんの役者としての才能も光っています。ちょっと疲れた中年男に色気が。緊急時には、この壁を突き破って、、、と書かれたマンションの壁を隔てて盛り上がる恋心。その先は?
エンタメ

イチケイのカラス、続編見たい。竹野内豊さんの魅力は、あの語りと発音。古畑任三郎は竹野内豊さんが演じてほしい

イチケイのカラスが終わってしまいましたが、気になるのはその続編。入間みちお(竹野内豊)は、新天地でどんな活躍をするのでしょうか? 気になるのは、坂間千鶴(黒木華)との関わり。遠距離恋愛がスタートする? しない? 千鶴の妹も応援しているこの二人のおつきあい、どうなるのか。このドラマを見て、古畑任三郎を演じるなら、竹野内豊さん! 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました