未来への10カウント

エンタメ

未来への10カウント第2話感想 それぞれがかかえる事情、人生いろいろありゃぁな

登場人物それぞれに事情があることが伝わる第2話。抱えているのは桐沢省吾だけじゃないということが描かれました。登場人物の人生に桐沢省吾(木村拓哉)がどう関わっていくのか? 人生に絶望している彼に希望の光は灯るのか? 明るくイキイキ生きている折原葵にもつらくて苦しい過去があった。皆、それぞれの事情を抱えて生きているのです。
エンタメ

未来への10カウント第1話感想 人生に疲れた男、木村拓哉カッコイイ。変わらぬキムタクスタイルに安心感

未来への10カウントというタイトルから、ラストが希望に満ちている想像できそう。生きる希望を失い、不幸のどん底に落ちている男を演じる木村拓哉。ボクシング部で栄冠に輝いた過去を持つ彼が、ボクシング部のコーチへの道に誘われていく様が描かれる第一話。希望への道につながるのか? 教師や生徒との関わりの中で彼は何を感じるのか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました