宮本輝

本紹介

自分を見つめるってどういうこと? 小説2冊から学べるかも 著者はアガサ・クリスティーと宮本輝

年齢を重ねていくとだんだん、自分を顧みず、人のせいにしたり、他人の悪いところばかり目についてしまいかも、と感じることはありませんか? いったい自分はどうなんだ? 自分は完璧なの? 決してそうじゃない、ハズ・・・そんなことを感じたときに、自分を見つめる必要があるのかな。そんなときの参考になるかもしれない2冊、「春にして君を離れ」と「錦繍」をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました